• AIに全敗 オセロ元王者の経験 | 2017/10/21(土) - Yahoo!ニュース https://t.co/AAmztrSI4V

  • 4.二人の独裁者、習近平にしろ、金正恩にしろ、人民の貧困の上に、どうして丸々と豚顔になるのか。よく似ているな。 https://t.co/3P1SQyfkcW

  • 3.肉まんの店に入ったら、あのお方が私の後ろに並んだ 中国の少女グループ「56輪の花」が北京の人民大会堂で行ったコンサートで披露した新曲「包子舗」(肉まんの店)の一節だ。国家主席、習近平がテーマになっている。 この程度で逮捕なら ストレートに豚キンペーとか言ったら処刑だ。

  • 2.官製メディアはこぞってこの歌を宣伝したが、取材した中国人記者によると、店にいた客はほとんどが動員された人々で、リハーサルも行った。 習に関する歌はここ数年、急増している。毛沢東をたたえる「東方紅」の替え歌で、習を毛同様に「赤い太陽」と賛美するものもある。

  • 1.習は2年前の冬、北京市内の肉まんチェーン店を訪れた。笑顔でネギ入り肉まんを注文して21元(約340円)を払い、周囲の人々と談笑しながら肉まんをほおばった。このときの様子を描いた歌詞は「偶然の出会いが、真冬の暖流のように市民の心を温めた」と結んでいる。

  • 1.小池や枝野が批判するアベノMに変わる何もない。 https://t.co/St21E5KKS5

  • RT: 中国海軍が軍事大国を目指して戦争に勝つための軍事力強化を進めると報じた環球時報の記事を是非、日本中の護憲派や平和主義者に読んでもらいたい。それでも貴方たちは、「平和憲法」さえ護れば日本の平和が守れると信じるのか、平和という甘い言葉に陶酔して迫…

  • 1.革マル枝野=立憲民主党=共産党よりも左翼=中国=北朝鮮。 https://t.co/lMzgqkbkmV

  • 3.平和安全法制が議論されていたときに国会を取り囲み、アベ政治は許さないと叫んだ左翼の人々と同じ、民進党幹部以下たちだ。、デモ隊と一緒に平和安全法制は「戦争法案だ」「人殺しのための法案だ」と声を上げた。小池と一緒に「現実的な安全保障政策」を推進するというのは悪い冗談だ。

  • 2.韓国にも多くの難民が逃れ、日本にも万単位の難民が来る。中には工作員がまじっている。国難突破解散と語ったが、その真の意味は北朝鮮有事、北朝鮮の脅威に備えるということだ。日本の危機管理は世界一不備だ。そこをどうするのかが問われている。首相は国民に訴え、欲望の党に論戦を挑め。

  • 1.米国の攻撃は厳冬中、人民軍の動きが鈍くなる1~2月に決行、作戦は38度線に沿って配備されている1万に上る北朝鮮のロケット砲などを一気に無力化させる。拉致被害者救出をおづするか、憲法及び法律の整備は行う。1000万人規模の難民を中国は全力で阻止する。国内治安対策のためだ。

  • 3.小池や枝野は呼吸をするように平然として嘘をつく。電力など余っているわけがない。民主党政権が、東電福島での自分達の失敗を糊塗するために原発を全部止めたからだ。

  • 2.枝野「今は再生可能エネルギーの拡大、節電なども定着して、電力は余っている。それなのになんで再稼働しなきゃいけないんですか。これだけの被害を与えて、今も苦労をされている方がこんなに沢山いるのに、なんで再稼働しなきゃいけないのか」だと、自分で原発を全部止め、そのため電気代が2倍だ

  • 1.代表を務める小池都知事の地元・東京の選挙区でも、現時点で見込める議席は1つにとどまり、比例とあわせても、議席の維持は微妙な情勢。これに対し、立憲民主党は、北海道の12ある選挙区で、およそ半分の議席の獲得が見込まれるなど、支持を広げている。

  • 3.悪夢の再来だ。 https://t.co/LLTzb0FHAh

  • 2.日本を破壊した民主党政権の悪夢はごめんだ。 https://t.co/6IJGDPfntA

  • 1.悪夢だった民主党政権 https://t.co/eDST8Q6Stt

  • 1.野党へ票を依頼する巧妙なコメントですね。TV報道の中立性を破るものだ。 https://t.co/ICqx39sOgy

  • 3.希望の党の候補者たちから小池代表の発言や党運営へのありようへの異論や指摘が相次いでいる。選挙結果によっては小池への反発が強まる。小池の尻にのっかた前原以下の民主党のスケベー根性がもたらした敗北宣言だ。立憲の枝野も同じ仲間だ。立憲とか偉そうに言っているが、この男も尻なめ男だ。

  • 2.「小池代表の発言で一気に支持率が下がる不安定な党ではいけない」。松原仁(東京3区)が街頭で訴えた。小池が持ち出した「排除の論理」で「日本は和をもって貴しとなす国だ」と苦言を呈した。「1人に頼りすぎる政党は極めて異常」と指摘。党運営を集団指導体制にすべきだとの考えを示した。